mocomocoの東京ふたり暮らし

東京箱庭日記

門前仲町〜木場に住んで、東京をうろうろしています。

「探偵はBARにいる3」舞台挨拶@ユナイテッド豊洲に行ってきた

12/3(土)にユナイテッドシネマ豊洲にて開催された、
探偵はBARにいる3」の舞台挨拶に行ってきました。

舞台挨拶って、いかにも東京っぽいイベントだと思う。
憧れの俳優さんとこんなに身近に会える...!

www.tantei-bar.com

朝早めの上映開始だったためか、映画上映後、舞台挨拶の流れだった。

STORY

札幌ススキノで活躍する探偵(大泉洋)は、相棒の高田(松田龍平)の後輩の恋人麗子(前田敦子)の捜索を頼まれる。捜索の過程で、麗子が所属するモデル事務所のオーナーマリ(北川景子)と出会うが、マリのバックに付く組織に襲われ...

わたし的みどころ

1、2も2〜3回ずつ見ているが、今作が最も面白いと思う。

監督が変わったせいもあるのか、「探偵」の人物像等、よりエンターテイメントとして見やすい映画になっている。

ヒロインであるマリと探偵の関係性は必見。
スレているのに、どこか純なところもあるマリと、探偵の掛け合いについ感情移入してしまう。
また、北川景子の華やかな美しさが、マリの気丈なのに儚いキャラクターにとても合っていると思う。

前作まで同様、ロケは札幌各所で行われており、北海道出身者は必見。
結構細かいシーンに小道具等の北海道小ネタが仕込まれており、見るとクスッと笑ってしまう。
高田がいつも食べているお菓子は、私も大好物だ。

エンドロールで流れる協力企業等を見ると、拾いきれなかった小ネタがあることにも気づく。
おそらく、相当な数の小ネタが仕込まれているのだと思う。
小ネタを探すためにも、もう1度見たいという気持ちになった。

舞台挨拶、どうだった?

豊洲では、吉田照幸監督と大泉洋が登壇した。
館内を見渡すと、マダム層の女性が多くおり、大泉洋のファン層の厚さを感じた。

初めて生で見る大泉洋...思ったより背が高い!
そして、かっこいい!!!

モードっぽいゆったりとしたスーツに身を包んでおり、シュッとしている。
司会者の振りに応えて、大泉洋が軽妙にトークを繰り出す。
前田敦子の天然小悪魔的魅力」
大泉洋が妻と2人で前作を映画館に見に行ったが、公開からしばらくたっていたため観客が少なく、しょんぼりした話」
等をお聞かせいただいた。

大泉洋がテレビに出まくって宣伝しているこの映画、
長くヒットすることを祈っている。

f:id:mocomoco_panda:20171210221413j:plain