mocomocoの東京ふたり暮らし

東京箱庭日記

門前仲町〜木場に住んで、東京をうろうろしています。

東京で居場所を見つける。銀座有楽町で過ごすひとり時間

f:id:mocomoco_panda:20170917210318j:plain

もうすぐ東京近郊に住んで10年になる。

田舎出身の私には、大変刺激の多い10年間だった。

学生時代も地方で過ごしたので、東京にあまりたくさんは知人がいない。

それでも、東京はまぁまぁ過ごしやすいところだと思う。

ひとりで過ごす人に寛容だし、あまり干渉されないで済む。

MUJIcafeはおひとり様のオアシス

f:id:mocomoco_panda:20170917210205j:plain

私は、専ら買い物は銀座〜日本橋で済ませている。
特に、銀座に出かける率が高い。家からも近いし。

とりあえず、銀座のキルフェボンでタルトを買えば、私の心は落ち着く。
服が欲しければ、有楽町のマルイかルミネに行く。

そして、私がどこよりも出没するのは、有楽町の無印カフェである
cafemeal.muji.com

夫が飲み会等で外食の時、私は大抵ここで夕食を摂る。

丁寧に作られたお惣菜が美味しいし、広くて明るくて気持ちいい場所だ。

テーブル間の距離も程よく離れている。

ここで、十六穀米などをもぐもぐ噛んでいると、生きているなぁって気がする。

女性の一人客も多くて、皆、食事を摂ったり、スマホやPCを触ったり、好きなように過ごしているから、何だか楽だ。

MUJIcafeが入っている「有楽町インフォス」だが、再開発計画で取り壊されるのではないかという噂があり、気を揉んでいる。

あの立地に、2階建てでゆったりとした建物で、最高なんだけどなぁ。

GUはエネルギーの巣窟

次に良く行くのは、GUの銀座店。

皆さまご存知の、色々なところにあるファストファッションのお店だが、
私はこの銀座店が大好きだ。

可愛いい柄のパジャマなどを物色したり、レースのタイトスカートなどを試着したりする。

ここに来る人は、皆、ちょっとの予算でも思いっきりファッションを楽しみたいという強い意思がみなぎっていて、目がキラキラしている。

つられて、こちらまで、ファッションへのモチベーションが上がってしまう。

また、セルフレジが導入されているのも、なんだか近未来っぽくて面白い。

4travel.jp

交通会館でアンテナショップとノスタルジーを楽しむ

交通会館も大好きだ。なんだか昭和っぽくて、居心地が良い。

www.kotsukaikan.co.jp

北海道どさんこプラザを眺めて、ベル食品スープカレーの素などを購入する。

居場所を作る。好きな場所を探す。

当たり前だけど、結局大切なのは、好きな場所を探すってことだと思う。

銀座は、落ち着いていて、秩序がある。そして、ルールを守る人には寛容な街だと思う。
そういう意味では、いつまで経ってもアウトサイダーな自分には、居心地の良い場所だ。

できれば、落ち着いていて隠れ家っぽいカフェを見つけられるといいのだけれど、それは今後の課題だろうか。