mocomocoの東京ふたり暮らし

東京箱庭日記

門前仲町〜木場に住んで、東京をうろうろしています。

豊後牛ハンバーグが美味しすぎる、海山の蔵でランチ/2017大分旅行記

f:id:mocomoco_panda:20170916002808j:image

 

引き続き、大分旅行記です。写真は由布岳。雄大な姿を見せてくれました。

 

温泉で食べる豊後牛ハンバーグが美味しすぎる

 

鉄輪温泉に立ち寄ったときに、迷ったのはランチ。

 

有名なのは、肉や野菜を温泉の蒸気で蒸す「地獄蒸し」だが、

旅行初日、つまりご馳走で胃が疲れる前だからこそ、

しっかりめの食事を頂きたかった。

 

そこで、選んだのがここ。

 

海山の蔵 

www.kurodaya.info

 

 お肉屋さんのプロデュースする食事処らしく、

豊後牛の美味しいお料理がいただけるとのこと。

 

ランチは、ヘルシーで品数たくさんの地獄蒸し御膳が人気のようですが、

腹ペコの私たちは迷わず「豊後牛100%の煮込みハンバーグ」をチョイス。

 

最初に、スープとサラダが供される。

この日のスープは、白ナスのポタージュ。

 

ナスのスープって珍しいですよね。上品で夏らしい爽やかなお味。

f:id:mocomoco_panda:20170916002106j:image

  

そのあとは、豊後牛100%の煮込みハンバーグが登場。

 

ワゴンで運ばれてくるのだが、辺りにふわっといい香りが立ちのぼる。

 

ぐつぐつと煮立った石鍋の中を覗くと、たっぷりのデミグラスソース中に、大振りのハンバーグが鎮座している。

 

f:id:mocomoco_panda:20170916002518j:image

 

とっても美味しそうな香りだけど、正直に申し上げて、この段階では、

 

「ふつうの、洋食屋さんの煮込みハンバーグかな?」くらいに思っていた。

 

ところが、一口食べると、いい意味で期待を裏切られる。

 

和牛の、上品かつしっかりとした味わいがする、

素晴らしく美味いハンバーグなのである。

 

普段食べているハンバーグと、肉の質が違いすぎる。

 

思わず夫と二人で、幸せな驚きに目を見合わせた。

 

あまりに夫が感動しているので、私のハンバーグの最後の一口は

夫に分けてあげた。

 

さらに、食後には、デザートとコーヒーまでついてくる。

f:id:mocomoco_panda:20170916212802j:plain

 

これで、1500円。

 

大分って素晴らしい。。。心が震えました。

 

食後は、鉄輪温泉で一休み

こちらの「海山の蔵」は「黒田や」さんという旅館の一角にある。

 

そして、海山の蔵で食事をした客は、300円(大人)で立ち寄り湯の利用が可能。

 

こちらのお宿は、少し黄色っぽくてさらとろの泉質。 

 

美味しい食事をして、お風呂に入る。

 

旅行開始早々から、いい思いをして、大分って天国なのでは?と考え始めました。

(ちなみに、この予感は大当たりでした。)